失敗しないダイエットのカロリー計算の教科書(大人女子用)

こんにちは、つくばパーソナルトレーニング.com『優しいダイエットMCA』の松浦です。

今日のテーマは「ダイエットのカロリー計算」です。ダイエットをしている人であれば一度はやったことがあるかもしれませんし、以下のような悩みも一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

『ダイエットで成功するためのカロリー計算ってどうすれば良いの?何に気をつければ良いの?』
『アプリを使った方が良いっていうけど、どのアプリが良いか分からない…』
『正直、面倒くさがり屋だからいちいちカロリー計算したくない!…でもやらないとやせない…』

というような悩みを経験したことがある人は多いはずです。12年以上のダイエット指導経験から確信していることがありますが、ダイエットに成功するにはカロリー計算は要りませんよー!

だからアプリも必要ないですし、教科書も必要ありません。ですので失敗のしようがないんです。カロリー計算をやっちゃダメと言っているわけではなくて、やらなくてもちゃんとやせますよ!

毎日毎食カロリー計算をしなくても、1日にどれくらい消費しなきゃいけないと気をつけなくてもきちんとダイエットできます。好きな洋服を着られるようになります。

カロリー計算よりももっと大事なポイント(ざっくりでOK)がありますので、今日はその内容をお届けいたします。

今さら聞けないダイエットのカロリー計算

ダイエットのカロリー計算って何ですか?と疑問に思う人もいるかもしれませんので、念のため大まかに解説しておきます。

ダイエット=摂取カロリー<消費カロリー(活動代謝+基礎代謝)で表されて、食べて得た摂取カロリーよりも運動や基礎代謝で燃えたカロリーの方が大きければダイエットできますよというものです。ちなみに言うと活動代謝とは体を動かすことで消費するカロリーのこと、基礎代謝とは何もせず寝ているだけでも消費するカロリーのことです。

 

カロリー計算(摂取、消費)でダイエットできる仕組みの図

ですので食事制限して摂取カロリーを抑えることも有効だし、筋肉をつけて基礎代謝を上げることも、有酸素運動をして活動代謝(体を動かすことによって燃えるカロリー)を上げることも大事というものです。

さらにはこういった計算をアプリで管理するという方法もあります。入力するのが面倒ですとか、食べたものと同じものがアプリの中にないので正確にカロリー計算ができないといった不満の声もよく聞こえてきました。

でも大丈夫です。これらぜーんぶ必要ありませんよー!大人女子はお仕事や家事、人間関係などでやることが多いのでいちいち計算している時間がもったいない!ですのでカロリー計算をしないことをお勧めします。

なぜカロリー計算せずダイエットできるの?

実はまだよく分かっていません。。信憑性のある論文も見たことがありません。テレビなどで活躍しているフードファイターの方は明らかにカロリーオーバーな食事をしていても太りませんよね?反対にかなり少食ですけど太っている人もいます。

ただ、12年間の指導経験をしてきてカロリー計算をしないことでダイエットがうまくいくケースの方が多いのでカロリー計算は不要だと考えています。

カロリー計算でのダイエット失敗例、多数

パーソナルトレーナーを始めた当初はカロリー計算を元に指導をしていました。食事制限をして摂取カロリーを抑えて、有酸素運動で活動代謝、筋トレで基礎代謝を上げるように指導をしていました。でもこのやり方ではリバウンドする人が続出していましたし、停滞期が多かったんです。考えてみればカロリー計算が合っていれば停滞期もないはずですよね。そんな経験を数多くしていたのでカロリー計算はダイエットに向いていないと確信しています。

カロリー計算よりも大切なこと

カロリー計算よりもあることに気をつけるようになってからはリバウンドが激減、ダイエット成功率が93%に増えました。(7%は途中で引越しなどしてセッションを続けられなかった場合他)そのあることとはストレスを癒すことです。心のストレスもそうですが、体へのストレスを軽減して癒してあげることでダイエットはうまくいくことが分っています。

食べ物のアルカリ性・酸性

では体のストレスを癒すために大事なことって何ですか?と言いますと「酸性・アルカリ性のバランス」です。このバランスがきちんと取れていると体へのストレスが少ない状態になってダイエットがうまくいくことが分かっています。どうやってバランスを取れば良いのかを説明する前に、体の酸性とアルカリ性について説明しますね。

酸性のものを食べるとどうなるの?

酸性のものを食べると体がどうなるのかと言いますと、代表的なものに血液がドロドロになるというものがあります。これが体にとってはかなりのストレスで、血液がドロドロになると全身に栄養が行き届きにくくなってしまい、肌がくすんだりシワになって汚くなったり、髪の毛が少なくなったりすると言われています。細胞がうまく働かなくなってきてしまうと代謝も落ち、太りやすくなってしまうと考えられています。

アルカリ性のものを食べるとどうなるの?

では反対にアルカリ性のものを食べるとどうなるのかと言いますと、代表的なものでは血液がサラサラになります。血液がサラサラになれば全身に栄養が行き届きやすくなって肌がキレイになったり、髪の毛が増えてきたりすると言われています。代謝も良くなってやせやすい体になれるとも考えられていますし、実際に多くのお客様にそういった変化が現れています。

食事のバランスのとり方(大人女子用)

大人女子は時間を賢く使うべきだと思うので、あまり効果が期待できないカロリー計算はしなくて良いと思います。それよりも酸性・アルカリ性のバランスをとることの方が大切です。

大切な考え方として「酸性のものを多く食べた時にはその分アルカリ性のものを食べよう」だけでOKです。アルカリ性のものを食べるタイミングは一緒でも良いですし、後の時間でもOKです。例えば昼ごはんの中に酸性のものがあったら、昼ごはんで一緒にアルカリ性のものを食べても良いですし、晩ご飯で食べたり、次の日でもOKです。目安として1週間以内には食べたいですね。

注意が必要な食べ物

食べ物の酸性、アルカリ性の図

カロリーを気にするというより、強酸性のものに気をつけると良いです。強酸性とは酸性の強いものです。上の表の赤い文字の食べ物(飲み物)ですね。現代社会ではこういった強酸性の食物を完全に控えるというのは正直難しいです。ですので強酸性のものを食べたらそのバランスを取るため強アルカリ性のものを食べるようにしましょう。ざっくりでOK!

まとめ

いかがでしたでしょうか?今日の話をまとめますと、

1.指導の経験上、ダイエットでカロリー計算をせずに成功しているお客様が多数いらっしゃいますので、カロリー計算をする必要はありません
2.カロリー計算よりも大切なものは、食べ物の酸性・アルカリ性のバランスを取ること
3.特に強酸性の食べ物に注意してアルカリ性のものを食べてバランスを取るのが、賢い大人女子のダイエットに重要

です。

今日の食事をすることで、炭水化物をしっかり食べながらダイエットの成功例を紹介しておきます。バランスを取っていれば炭水化物をたくさん食べてもOKということが良くわかると思います。

ちなみにこの女性、今ではスキニーデニムをキレイに着れるようになったり新しいファッションに挑戦したり、おしゃれを楽しんでいらっしゃいます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。参考になれば嬉しいです。