背中やせにマッサージが効果的な理由とその方法【ぷよ肉さよなら】

こんにちは、つくば市のMCAパーソナルトレーニングジムの松浦と申します。このページに来ていただきありがとうございます!この記事では以下のようなお悩みや疑問、不安をお持ちの方にお役に立てる内容です。

  • 背中やせに効くマッサージの方法が知りたい
  • ふと鏡で自分の背中を見た時、お肉が乗りすぎて、おばさんみたいでショックだった…
  • 背中やせに効果的なグッズが何か知りたい(欲しい)
  • ウェディングドレスをキレイに着たいけど、背中のお肉がぷにっと乗っているからなんとかしなきゃと悩んでいる
  • エステなどに通うよりはセルフで背中やせをやってみたい
松浦 雄一

この記事を解説している僕はダイエット指導が12年以上あり、個別指導は延べ2万人以上の実績があります。その経験の中でどうやったら背中やせがうまくいくのか、そもそも背中にお肉がついてしまう原因は何なのか?などが分かってきました。
今日は実際にお客様に効果を実感していただいている内容をお伝えしますので、あなたの背中やせにぜひお役立てください!

一番大事なことを最初にお伝えしますと、背中やせにマッサージは効果的です!大きく分けて背中は上背(じょうはい)と下背(かはい)に分けられます。場合によっては下背は腰背とも言われます。シンプルに上背は上半分、下背は下半分とイメージしていただくと良いです。

それぞれ様々なアプローチがあって、筋トレやストレッチなど色々ありますが、マッサージは上背、下背どちらにも有効です。

背中やせにマッサージが効果的な理由【女性の特徴】

背中やせにマッサージが効果的な理由【女性の特徴】

背中やせにマッサージがなぜ効果的かと言いますと、血流もリンパの流れも良くしてくれる効果が大きいからです。特に女性はブラジャーをつける方がほとんどで、その締めつけにより流れが悪くなっています。だからマッサージで流れを良くするサポートが重要なんですね。

なぜ血流やリンパの流れが悪くなると背中にお肉がついてしまうのかというと、老廃物や疲労物質、食事に含まれる食品添加物などが背中に溜まってしまうからだと言われています。実際に僕のジムに来られる方はこの傾向があります。

ですのでマッサージによって流れを良くした方が背中やせには効果的です。

上背・下背それぞれお肉がつく原因

上背(肩甲骨周り)の筋肉

上背(上半分)にお肉がつく主な原因は筋肉のたるみです。筋肉は使わないと衰えてたるむという特徴があります。上背(肩甲骨周辺)の筋肉は意識しないとなかなか使わないのでたるんでお肉がぽよんとついてしまうんですね。だからマッサージで血流を良くして筋肉をよく動くようにしてあげると背中やせに効果的です。

下背(腰回り)の筋肉

続いて下背(腰回り)にお肉がつく主な原因はリンパの滞りと筋肉のたるみです。筋肉を使わないことで筋肉自体がたるんでしまいますし、その周辺のリンパの流れが悪くなります。

ここでよく勘違いされて、うまく結果が出ない…とお悩みの方が多いので解説しますが、たるんでしまう筋肉は背中の筋肉だけではなく脇腹の筋肉(腹斜筋群・腹横筋などのインナーマッスル)も、です。背中の筋トレだけだとなかなか効果が出ないので脇腹の筋肉も同時に刺激すると良いですよ。刺激する方法はこの後のマッサージのやり方の中で解説します。

背中やせのマッサージのやり方【グッズ使用】

背中やせに効果的なマッサージはグッズを使うものと使わないものがあるので、この記事では両方紹介しますが、まずはグッズを使ったやり方から解説します。動画をご覧ください。

今日紹介するグッズを使ったマッサージは上背(肩甲骨周り)の筋肉にアプローチするもので、1点注意点があります。それは痛みを感じる場合があるということです。

この痛みは筋肉の膜(筋膜)をほぐす時に出たり、リンパを流す時に出るもので、悪いものではないことがほとんどですのでご安心ください。(ただし、無理はしないようにしましょう)

背中のマッサージをしている最中に『深呼吸』を『強く』することをお勧めします。その理は深呼吸を強くすることで先ほど説明した腹筋群のインナーマッスルを刺激できるからです。深呼吸のポイントは息を吐く時にお腹とお尻の力を入れることですので、ぜひやってみてくださいね。

毎日やっても良いですし、週に2〜3回行えば効果を感じるでしょう。

フォームローラーで血流・リンパにアプローチ

フォームローラーで血流・リンパにアプローチ

今回のマッサージに使用している背中やせにおすすめのグッズを紹介します。これは「グリットフォームローラー」です。最近は以前に比べて扱っているお店が増えましたのであなたも見た事があるかもしれません。

このローラーは背中やせ以外にも脚やせや二の腕やせなど他の部分にも使えてダイエットだけでなく疲労回復やむくみ改善などにも使えるので1個持っておくと良いですね。血流やリンパの流れを良くできるアプローチができて、プロのアスリートも多数使用しています。

このローラーは最近色んなブランドのものが出ていますが特にお勧めなのが「トリガーポイント」というブランドのものです。このブランドのローラーは僕が実際に2012年に研修を受けた時から使っていて、大きな効果を感じているものなのでお勧めです。

Amazonでも購入できますので、興味のある方はどうぞ。(下の画像をクリックするとAmazonページに移動します)

背中やせのマッサージのやり方【グッズ不使用】

背中やせのマッサージのやり方【グッズ不使用】

今度はグッズを使用しない背中やせマッサージのやり方です。この方法はリンパにアプローチして流れを良くしていきます。リンパの流れを良くするには、リンパ管(上図の緑の線)に沿ってマッサージすると良いです。(下図)

背中やせ(腰回り)のリンパマッサージ法

強すぎるマッサージは皮膚を傷つけてしまうので気をつけましょう。少し圧迫をかけるくらいがちょうど良いです。毎日やってもOKですし、週に2〜3回行うことをおすすめします。

マッサージ以外の背中やせの方法

マッサージ以外の背中やせの方法

背中やせはマッサージ以外もあわせて行うとより効果が大きくなります。簡単なものをご紹介しますのでぜひやってみてください。背中やせだけではなく全身の血流をアップしてくれたり、姿勢を改善する効果やダイエット効果が期待できます。

主に筋トレとストレッチを紹介しますので、気持ち良いと感じる程度にやってみましょう!

筋トレでダイエット効果もアップ

この筋トレは肩甲骨周辺を動かして背中やせの効果が期待できますし、ふくらはぎの筋肉にも刺激を与えることで全身の血流を良くしたり、ダイエットにもつながります。
やり方は動画をご覧ください。

マッサージと筋トレは相性が良いので、あわせて行うことをおすすめします。まずはマッサージでリンパを流し、次に筋トレをして循環させる流れでスッキリ効果がアップするのでおすすめですよ。

この筋トレは週に1〜2回、余裕があれば3回行い、トレーニングとトレーニングの間に1日はお休みをとりましょう。このようにお休みを挟むことで効果がアップします。

姿勢改善ストレッチ

姿勢改善を促すストレッチもすると背中やせ効果が高まります。姿勢が改善するとリンパの流れや血流が良くなるだけでなく、背中の筋肉を良く使うので引き締め効果がアップするからです。
今回は2種類のストレッチを紹介します。

このストレッチでは体側(体の横)から腰にかけて気持ちよく伸ばすことができます。腕を上げて肩甲骨周辺の血液やリンパを流すことに繋がるのでお勧めです。

毎日やっていただいてもOKですが、週に1〜2回などあなたが無理のない範囲で行いましょう。またタイミングは朝がベストですがやりやすい時でもOKです。

首のストレッチが背中やせに効果があるの?と疑問に思うかもしれませんが、あるんです。姿勢を改善することによって肩甲骨周りの血流やリンパの流れが改善されて背中やせにも良いからです。

特に猫背など背中が丸まってしまうと首の前側の筋肉が凝ってしまい、そのことがさらに姿勢を悪化させる原因になってしまうのです。だからこの首の前側のストレッチで姿勢を改善しましょう!

1つ目のストレッチと同じように週に1〜2回など無理のない回数やタイミングで行うことをお勧めします。

今回の内容は以上です。

背中やせだけでなく、お腹やせもご希望の場合はこちらの記事をどうぞ!