この記事では体力づくりのために欠かせないトレーニングのコツを紹介します。またそれだけでなく体力不足を補うポイントや、仕事が終わった夕方や夜でも動ける体にするための秘訣もあわせて紹介いたします。

松浦 雄一

この記事の信憑性のためにも簡単に自己紹介させていただきます。僕はプロのパーソナルトレーナーとして13年以上指導をさせていただいている経験があります。現在ではお陰さまで10ヶ月以上のキャンセル待ちがあるほどご好評をいただいております。
そんな僕がこの記事を書いていますので、内容はある程度信頼できるものだと感じております。

体力づくりのトレーニング2つのコツ

体力を向上させたい、体力づくりをしたいという方がトレーニングをするときに覚えておきたい2つのコツを紹介します。それは

  1. 気持ち良くトレーニングすること
  2. 負荷をかけすぎないこと

の2つです。よくある間違いとともに分かりやすく解説します。

気持ち良くトレーニングするのはとても重要です。よくある間違いとして気持ち良い範囲を超えてしまい、苦しいとかキツいレベルのトレーニングをしてしまうことです。

なぜこれがいけないのかと言いますとトレーニングが続かないからです。体力を向上させるには1回のトレーニングでは難しいです。何回も継続して行うことで体力がアップします。

気持ち良い範囲を超えてしまうと続かず効果が期待できませんので、気持ちよくトレーニングをしましょう。

もう1つ大事なのが負荷をかけすぎないことです。トレーニングを続けていくと徐々に負荷も大きくなっていきます。その負荷を気持ち良いと感じていきます。

そして負荷をかけすぎてしまって怪我をしてしまうことがよくある間違いです。せっかく上がった体力が怪我でトレーニングできなくなってしまい落ちていく…それは避けたいです。

負荷をかけすぎず、気持ちの良い範囲のトレーニングを続けることで体力はアップします。この2つのことをきちんと頭に入れてトレーニングを頑張りましょう!

体力づくりのための意外な原則

体力をアップさせて1日中パワフルに過ごすためにはトレーニング以外のことも重要です。特に重要なことを今回は2つ紹介します。その2つとは、

  1. 運動が全てではない
  2. 健康を目指せば体力は向上する

です。このことはとても重要ですので、具体的にお話ししますね。

運動が全てではない

運動が全てではない

体力を向上させるには運動が全てではありません。ここは少し発想の転換が必要です。今ある体力を向上させることも大事ですが、無駄に消費しないという視点も重要です。

例えば元々体力が100あったとします。それがトレーニングで110に上がりました。でも1日の終わりには10しか残っていません。

でも体力が100のままであっても無駄な消費を抑えて30残るようにしたら?その意味合いはおおきくなりますよね。

ではどうやったら無駄に消費しなくなるのでしょうか。それは体に負担になるものを食べないようにする事です。消化に優しいものを食べる事です。

詳しくは加工食品は太る!?大人女子が気をつけたい5つの具体的影響とは?のページで紹介していますのでご覧になってください。

健康を目指せば体力は向上する

健康を目指せば体力は向上する

これは多くの方がズレてしまっている視点です。体力向上を目指して不健康になってしまうんです。

例えば体力を上げたいからと言ってビタミン剤や栄養ドリンクを摂り過ぎて不健康になってしまうことがよくあります。これでは本末転倒ですよね。

でも健康を目指していけば勝手に体力は上がりますし、良い食べ物を摂ろうとします。その方が無駄な体力の消費を抑えられて効率が良いです。

あなたもぜひ健康を目指して賢く体力をアップさせてくださいね。そのためのヒントはこの下の赤いボタンを押すと見られます。

つくばパーソナルトレーニング.comのコンテンツ

プロパーソナルトレーナーのブログ