背中やせをしたいのなら絶対に外せないポイントがあります。その3つとは筋トレ、マッサージ、ストレッチです。この3つは欠かせないのですが、ただ単に行うだけでは思うように効果が出ません…

事実、背中やせは1番難しいと感じている人が多いです。当ジムにも背中のお肉をなんとかしたいと思って来られるお客様はたくさんいらっしゃいます。

ですが背中にお肉が溜まってしまう原因をきちんと知ること、そして先程の3つのポイントを効果的にするための方法を正しく理解すること。この2つが重要です。

それらをこの記事では分かりやすく解説していきますので、背中をスッキリさせたいのであれば、この先をじっくり読んでみてくださいね。

松浦 雄一

ちなみにこの記事を書いている僕はパーソナルトレーニング指導歴13年以上、延指導者数2万人以上の実績があります。その実績を元に解説をしていきますので、ある程度は信頼できる内容だと思っています。

背中やせが難しい原因とは?

背中やせが難しい原因とは?

どうして背中やせが難しいのか?背中のお肉がなかなか落ちない原因は何か?と言いますと、ズバリ正しい情報を知らないからだと思います。努力が不足していたり、怠けているからではありません。

正しい情報を知った上で適度にアプローチすれば背中はスッキリしていきます。実際に当ジムにも背中がスッキリされて、後ろ姿が20代みたい!と呼ばれるアラフォー女性もいらっしゃいます。

では正しい情報とは何なのかと言いますと、次の2つです。この情報は実際に指導の現場で結果が出ているものですのできっとあなたにも役に立つと思います。

  1. 重心が下がっている
  2. 筋肉への刺激不足

の2つです。シンプルですけどこの2つがとても重要です。よくある間違いとして背中がやせない原因を筋トレ不足ですとか、肩甲骨が動かないなどと言われます。

それも原因としてなくはないですが、それよりも重要なことがありますので、これから分かりやすく解説していきますね。

重心が下がるとは?

重心が下がるとは?

重心が下がっているとは分かりやすく言いますと猫背になっているということです。猫背になると重心が自然に下がってしまうからです。

最近はパソコンでの仕事が増えたため、画面に向かう時間が長くなっています。それに休憩時間はスマホの画面を見ていることが多い。そうなるとずっと目線が下がっている時間も増えます。

目線が下がると背中が丸まって重心が下がる。こうなると背中のお肉も下がってしまいブヨブヨっとなってしまうんです。

筋肉への刺激が不足するとどうなるの?

筋肉への刺激が不足するとどうなるの?

筋肉への刺激が不足すると背中のお肉が増えてしまうだけでなく、他にも避けたい影響が出てきてしまいます。その代表例が腰痛、見た目の老化、慢性疲労です。

ここが間違いやすいのですが、筋力不足ではなくて刺激の不足です。だから必ずしも鍛える必要はなく、マッサージなどの刺激でも効果が期待できるのです。

多くの場合筋力不足だと思い(もちろん筋力不足が原因の場合もあります)、筋トレをして腰を痛めてしまうなんてこともよくある話です…

ですので筋肉への刺激不足を解消するという考え方でメニューを組めば、失敗は避けられるでしょう。背中がスッキリで見た目も若く、イキイキ過ごせることにも繋がります。

背中やせを効果的にする2つの方法

先程紹介した2つの原因が頭に入っていれば、もうお分かりですよね。背中やせを効果的にするのは、

  1. 重心を上げること
  2. 筋肉に適度な刺激を加えること

の2つです。下がっているものを上げる。刺激が足りていないのであれば刺激する。とてもシンプルな話です。先程もお伝えしましたが筋トレも大事だけどほぐすことも大事です。

この2つのことに気をつけながら背中やせに欠かせない、マッサージ、ストレッチ、筋トレの注意点を紹介します。

肩甲骨よりも重要なこと

肩甲骨よりも重要なこと

背中やせに関して肩甲骨が重要という話をあなたも聞いたことがあるかもしれません。肩甲骨はがしとかマッサージですとか。ですが肩甲骨をどうすれば良いかまではあまり知られていません。

ここで重要なのは重心を上げること、筋肉に刺激を与えることですので、そういう意味では肩甲骨よりも重要なものがあります。それは背骨です。

背骨を真っ直ぐにして上に引っ張られる感覚を持つ。その感覚でいる時間を増やす。肩甲骨ではこういう感覚は得られませんので、背骨の方に意識を向けるようにしましょう。

ちなみに肩甲骨(脇に近いあたり)をマッサージすることで背中やせに効果的です。時間を見つけてマッサージしましょう。(手で揉んでもOKです)

ストレッチの注意点

ストレッチの注意点

背中やせのストレッチの注意点は背中の筋肉のストレッチをしないということです。どちらかというとお腹や胸などの体の前面の筋肉をストレッチすると良いです。

その理由は背中の筋肉は普段から伸びてしまっているので、これ以上伸ばす必要がないからです。猫背によって重心が下がると背中が丸まります。その時背中の筋肉は伸びているのです。

伸びているものをさらに伸ばすよりは、固まってしまっている部分を伸ばした方がストレッチの効果はアップします。写真のようなストレッチが有効ですのでぜひやってみてくださいね。

具体的な方法は個別の記事にて紹介しています。以下のボタンを押して気になる記事をご覧になってみてください。

筋トレの注意点

筋トレの注意点

筋トレに関しての注意点はいきなり強い負荷を与えないことです。マシンを使ったりバーベルを使用してのトレーニングは刺激が強すぎると痛めてしまう危険性があるからです。

目的が背中やせなのに、腰痛になってしまっては元も子もありません。それに腰痛になることでさらに背中にお肉が溜まってしまうこともあります。

ですのでいきなり筋トレをするのではなく、ストレッチから始めることをお勧めします。その方が安全ですしストレッチでも適度な刺激であれば効果が期待できるからです。

もし筋トレをしたい場合は、背筋が伸びているかどうか、無理をしていないかどうかをチェックしながら行いましょう!

背中やせの具体的なストレッチや筋トレ、マッサージなどは個別の記事にて紹介していますので、あわせて読んでみてくださいね!あなたの背中がスッキリして自信を持ってくださいね!

つくばパーソナルトレーニング.comのコンテンツ

プロパーソナルトレーナーのブログ