こんにちは、つくば市のパーソナルトレーニングジムMCAで活動する優しいダイエット専門パーソナルトレーナーの松浦です。

今日はラベリング効果という心理学を使って楽しくダイエットする方法についてお話します。

きちんとスリムになって効果的なダイエットをするためには食事も運動も大切ですよね。でもそれと同じくらい気持ちや感情が大切という事はあまり知られていません。

今日、ラベリング効果という心理学を使って楽しくきちんとダイエットできる方法を紹介することで、以下のような悩みを解決していきます。

『カロリーを抑えたり炭水化物を制限したりしてるのに、全然体重が落ちない』
『たくさん汗をかく有酸素運動をしたり、重たい負荷で筋トレしてるのに思ったほど効果を感じていない…』
『ダイエットのための心理学をどうやって活用したら良いか分からない』

今日はこのようなお悩みがスッキリ解決できますので楽しみながらこの先を読んでくださいね。

ラベリング効果(心理学)を上手に使ってダイエットに成功して、着たかったあの洋服を着られる体になりましょうね!

ラベリング効果ってどんな心理学?

ラベリング効果とはどんな心理学なのか簡単に説明しますと、人は誰かからのレッテルや評価を受けるとその通りに行動してしまうという心理効果です。

例えば、優等生だねと周りから評価されている人は優等生でいないといけないと思い、優等生のような行動をとりやすくなります。反対に不良だねと周りから言われてしまうと、発言も行動も不良のようになってしまいやすい。これがラベリング効果です。

心理学とダイエットは関係あるの?

まず心理学がダイエットと深い関係があるの?とあなたは疑問をお待ちかもしれません。ですのでその事からきちんと説明いたします。

まず、心理学とダイエットはめちゃくちゃ深い関係があります!ダイエットはとても奥が深いので食事を抑えれば痩せるとか、汗をかいてカロリーを消費すれば痩せるという簡単なものではありません。

特に女性の場合、心理や感情を無視してダイエットすると結果が出にくい事が12年以上の指導経験の中で分かっています。気持ちや感情に負担がかかる事をしてはうまくいきません。ですので心理学を上手く効果的に使って負担がなく優しいダイエットをした方が良いと思います。

ラベリング効果がやせない原因⁉︎

心理学とダイエットは深い関係があるので、その事が原因でダイエットできていない、つまりラベリング効果が原因でうまく効果が出ていない。そういう人が多いと感じます。もし思うような成果が出ていなければ、あなたに対して太りやすいラベリング効果が働いているかもしれないという事です。

もっと具体的には「私は太い」とか「やせない」などのラベリングを周りからされているかもしれないという事です。最悪の場合周りからだけでなく自分自身でもラベルを貼ってしまっていることも…。

もしダイエットに不利なラベリング効果が働いてしまっていると、そのような行動を知らず知らずにしてしまっているかもしれません…。

例えば「よく食べますねー」と周りに言われてしまったからよく食べなきゃいけないとか、「私は運動が苦手」と思っているから運動を避けているとか。

あなたに対して不利なラベリング効果は働いていませんか?一度振り返ってみていかがでしょうか?もしそのようなラベリング効果を感じたのであれば、この機会に見直してみましょう!

ラベリング効果の活用法

ラベリング効果という心理学は良くも悪くもダイエットに効果があります。ダイエットに悪い影響があるラベリングをすれば太りやすいし痩せにくい。

という事は反対にダイエットに良いラベリングをすれば太りにくいしやせやすいという事です。例えば「あなたはダイエットの意識が高くていつもキレイですね」というラベリングをされたり自分自身でラベリングすればOKという事です。

このラベリングがあるかないかでダイエットのための意識高い行動ができるかできないかが決まると言っても過言ではありません。あなたもこのラベリング効果を上手く活用してダイエット成功者側の人になりましょう!

ダイエットに効果的な方法

それではダイエットに効果的なラベリングの方法を紹介します。周りの人に「私ってキレイって言って」とお願いしたところで、この人オカシイ…と思われてしまう可能性大です。なのでまずは自分自身で自分にラベリングをする事が重要です。

自分自身に対して「私はキレイ」「私はスリム」と言ってあげる事が重要です。ただし、他の人が誰もいない時にしましょう(笑)街中にいる時に堂々と言っていると変な人に思われてしまいますので。

ただ、この事は冗談ではなくて凄く大切なことなんです。ですが、いきなり自分に対してそんなこと言えない…と思うかもしれません。ですので初めは気持ちを込めなくても良いので口に出すだけでOKです。もしくは紙に書いたりスマホのメモに残したりしても良いです。このような機会を増やせば増やすほど効果は高まって楽しくダイエットできます。

これだけで本当に効果があるの?と疑う気持ちがあるのかもしれないので、効果が出ている証拠をお見せします。僕のパーソナルトレーニングセッションではラベリング効果を使っていますので、こちらをご覧いただければあなたももっと素敵に変われると希望を持てると思います。

【参考】ダイエットのビフォーアフター

ラベリング効果(心理学)の落とし穴

ラベリング効果を使って優しくダイエットする方法は分かったと思います。ですがこのような心理学を使ってダイエットをする時に気をつけたい落とし穴があります。

それは心理学に頼り過ぎて行動をしない事です。私はキレイ、私はスリムでダイエットの意識が高い!と自分に対してラベリングする事はとても重要なのですが、それだけでは体は変わりませんよね。それに見合った行動も大事です。

ラベリング効果は行動を促すきっかけになりますが、それだけでは体は変わりにくいので行動をすることもきちんと意識しましょう!

まとめ

いかがでしたか?今日はラベリング効果という心理学を上手に使って楽しくダイエットする方法について紹介しました。最後に今日の内容を振り返ってみましょう。

1.ラベリング効果とは人からの評価通りの行動をとってしまう心理学のことで、ダイエットに上手く活用できる
2.まずは自分に対してダイエットの意識が高くてやせやすい、というような良いラベリングをしてあげる事が重要
3.心理学を使って楽しくダイエットする事ができるが心理学に頼り過ぎも良くない。それに見合った行動も大切。

最後までお読みいただきありがとうございます。お役に立てれば幸いです。

ちなみに他の心理学もダイエットに活かせます。こちらのページで紹介していますのであわせて読んでくださいね。