有酸素運動では痩せない3つの理由とおすすめの方法【やせトレ】

こんにちは、つくばパーソナルトレーニング.com『優しいダイエットMCA』の松浦です。このページに来ていただいてありがとうございます。この記事では以下のお悩みや疑問、質問をスッキリしていきます。

  • ダイエットのために有酸素運動してるけど、全然痩せない…私だけ!?
  • なぜ有酸素運動では痩せなのか、理由が知りたい
  • 有酸素運動では痩せないとしたら、どんな運動が効果的なの?
松浦雄一

簡単に自己紹介しますと、僕は12年以上ダイエットの指導をしたり、筑波大学や地域で講義やセミナーを開催したりしています。その中で数多くのダイエットについてのお悩み相談を受けてきました。その経験を元に、同じ悩みを持つ方に向けてこの記事は書いています。

まず一番大事なことをお伝えしますが、有酸素運動は痩せない(かなり痩せにくい)運動なのであなたが間違っている訳ではありませんので安心してください。

この記事では有酸素運動では痩せない理由も、あなたが痩せる理由も分かりやすくお伝えします。それだけではなく、健康的にダイエットするために一番大切なことも教えますので、楽しみにこの先を読んでくださいね。

有酸素運動では痩せない3つの理由

有酸素運動では痩せない3つの理由

有酸素運動では痩せないことがかなり多いのですが、それには3つの理由があります。

  1. カロリー消費は微々たるものだから
  2. 食欲が増えてしまうから
  3. ストレスホルモンが出るから

です。順番に解説しますね。

有酸素運動は脂肪燃焼に効果的でダイエットに有効という話を聞いたことがあると思いますが、正直なところ「う〜ん…」って感じです。例えば体重50kgの人が1時間ランニングをした場合、燃えるカロリーは400kcalくらいです。

400kcalというと、大まかではありますがコンビニスイーツを1個分くらいです。1時間も走ったんだからスイーツ1個くらいいいか!ってなったらそれで終わりです…。

さらにいうと脂肪1kgを落とすのに消費しなければならないカロリーは約7,000kcalですので、ランニングで燃やそうとしたら18時間くらい走らないと燃えません…(辛)本当、有酸素運動で燃えるカロリーは微々たるものです…

それに有酸素運動をすると肉体的にも精神的にも「食べても良いよね」という効果が働き、食欲が増えます。で、結局食べ過ぎてしまうから痩せないのです。

なぜ食べても良いよねという働きが出るのかというと、有酸素運動をするとストレスホルモン(コルチゾール)が出てしまうからです。このストレスホルモンの影響で食欲が増えてしまうんですね…

「痩せない」以外の有酸素運動のデメリット

「痩せない」以外の有酸素運動のデメリット

有酸素運動は痩せないだけではないデメリットがあります。これは綺麗で健康になりたい女性にとって避けたいデメリットです。

  1. シミやしわが増えやすい
  2. 関節痛が増えやすい
  3. 慢性疲労になりやすい

です。

有酸素運動をすると体内に活性酸素(フリーラジカル)というものが発生します。この活性酸素は細胞を老化させる働きがあります。ですのでシミやしわができやすいのです。実際に有酸素運動をしている方をこれまでたくさん見てきましたが、この傾向は確かにあります。

そして有酸素運動は同じ運動の繰り返しなので、関節の使い方が間違っていると関節痛になりやすくなってしまいます。現場では膝が痛くなった、腰が痛くなった、足首が痛くなったという方も多くいらっしゃいます。

そして慢性疲労になりやすいです。ランナーズハイと言って走っていると気分が高揚してくることがあります。これは見方を変えれば走ると気分が高揚するという中毒です。なので少し体に疲労が溜まっていても気分を高めたいがために走ってしまい、それが続くと疲労が蓄積するという流れです。

見た目が老けてしまい、体が痛く、いつも疲れている女性にはなりたくないと思うのが自然だと思います。

有酸素運動にもメリットはあります

有酸素運動にもメリットはあります

じゃあ有酸素運動ってメリットはないのか?と言いますと、もちろんありますよ。有酸素運動以外もそうですが、何事にもメリットもデメリットも両方あるのが自然です。

  1. 汗をかきやすくなれる
  2. 体力向上に役立つ
  3. 運動習慣が身に付く

です。

汗は老廃物などのデトックスになりますので、汗をかくことは良いことだと思います。強めの有酸素運動をすると汗が出てきますので、この辺りはメリットですね。

また一般的な方というよりも、病気だった方や体力低下の度合いが大きい人が、体力向上を目的としてウォーキングなどを有効活用できることもメリットです。

そして、先ほどランナーズハイでも説明しましたが気分が高揚するので運動習慣が身につきやすいというメリットもあります。

ただ、これらのメリットには先程のデメリットもついてきます。それにこれらを実現するには他の方法もあるので、有酸素運動は総合的に見てあまりお勧めしていません。

健康的にダイエットするおすすめの方法【やせトレ】

健康的にダイエットするおすすめの方法

有酸素運動では痩せないとして、健康的にダイエットするために重要なのは何?どんなことに気をつければ良いの?と言いますと、1番のポイントはストレスを溜めないことです。

肉体的にも精神的にもストレスを溜めないでダイエットするのが健康にも良いですね。有酸素運動はストレスホルモンが出る時点でストレスが溜まりやすい運動です。

では具体的にどんな運動が良いのかと言うと筋トレがおすすめです。しかも優しい筋トレがおすすのやせトレです。筋トレも激しかったり、キツすぎてしまうとストレスですので、やってて気持ち良くスッキリする程度の優しい筋トレがダイエットに効果的です。

優しい筋トレが効果的な理由

優しい筋トレが効果的な理由

優しい筋トレでも本当に効果が出るのかな?と思うかもしれません。いや思うと思います。だって厳しいトレーニングこそダイエットの道だ!というイメージが一般的ですから。

でも現実には優しい筋トレの方が効果が出ています。その理由は次の3つです。

  1. 初心者や運動が苦手な人でも続く(継続は力なり)
  2. やっていて気持ちが良い
  3. 姿勢が良くなる

です。

ダイエットは継続が重要です、かなり。厳しい筋トレよりも優しい筋トレの方が続きやすく効果が出やすいのです。また優しい筋トレなら初心者の方でも運動が苦手で嫌いな人でも続けやすいですね。

そしてやっていて気持ちが良いと精神的にも良い影響があり、そのことがホルモンバランスにも良いと考えています。実際、当ジムでは優しい筋トレしかしていませんが効果は出ていますし、女性特有のお悩みの解消にも繋がっています。
この辺りはお客様のビフォーアフターをご覧になると参考になると思うので、見ておくことをおすすめします。

そして優しい筋トレはインナーマッスルを使いやすいという特徴があり、そのことで姿勢が良くなっていきます。姿勢が良くなると全身の筋肉の働きが良くなるだけではなく、内臓の働きも活性化するので、全体的に消費するエネルギーがアップします。その結果ダイエットにつながるんです。

ちなみにですが、ここまで話をすると『有酸素運動はやらない方が良いし、筋トレも優しくていいなら、とんでもなく食事制限をしなきゃいけないのかな…?』と疑問に思うかもしれません。大丈夫です!食事制限しなくてもOKです。

健康的にダイエットする上で食事制限は逆に不健康になることが多いのが実際のところです。肉体的にも精神的にも健康じゃなくなってしまう方を多く見てきました。具体的には肌荒れや便秘になったり、イライラや落ち込みやすいなどです。
食事制限に関しては別の記事『ダイエットは食事制限なしでできる!成功例と3つのポイントを紹介!』で詳しく書いていますので、あわせてどうぞ。

今日の内容は以上です。汗をダラダラかいて、息をゼーゼー切らし、苦しい思いをしてダイエットするのが嫌だと感じるのであれば、優しい筋トレで効率よくダイエットしてみませんか?

そのための第一歩はこちらの記事をご覧になってくださいね。

ダイエットは今からでも遅くありません!一緒に頑張りましょう!