やせるトレーニングの原則を無視して損する女になっていませんか?

こんにちは、つくば市の優しいダイエット専門パーソナルトレーニングジムMCAの松浦です。

今日はやせるためのトレーニングで忘れてはいけない原則の話をします。この原則を知らずに無視してトレーニングをすると大きな損をします。時間や手間や努力が無駄になって損する女になってしまう恐れがあるので要注意ですよ!

原則を無視している方は次のようなお悩みを持つことが多いです。

『やせる目的でジムに通ってトレーニングを頑張っているけど、一向にやせる気配がない…』
『ある程度引き締まってきたけど、腰が痛かったり不調が出てきてしまった』
『同じようなトレーニングばかりで飽きやすく、続かなくなって効果を感じない』

やせるトレーニングに原則がある事自体なかなか知られていないので、このような悩みを持ってしまうのもしょうがないと思います。

ですが、安心してください。今日お伝えするやせるトレーニングの原則を意識するとやせる効果が飛躍的に上がります。ですのであなたの努力が無駄になる事がありません。それだけでなくプロポーションが美しく洋服が似合う体型にもなっていけるので覚えておいて損はありません。

これまでの悩みをスッキリして新しいあなたに変身しましょう!

トレーニングの原則って何?

まずトレーニングに原則がある事自体あまり知られていないので、その原則を紹介いたします。

ただ何でもやれば効果が上がるというものではなく、基本原理・原則に基づいて計画的に行うことで大きな効果を得ることができます。 

というように学術記事も多く存在するほど重要なもので、原則を知っているのと知らないのとでは大きな差が出てきます。トレーニングの原則は次の5つがあります。

  1. 全面性の原則
  2. 漸進性の原則
  3. 意識性の原則
  4. 反復性の原則
  5. 個別性の原則

簡単にそれぞれの原則を説明します。
全面性の原則はある一部だけではなく、全体的にトレーニングした方が効果が高いというものです。脚だけとかお腹だけという一部ではなく全体的なバランスを考えてトレーニングすると良いという事です。

漸進性の原則の漸進とは段階を追って少しずつという意味です。トレーニングはいきなり大きな負荷をかけるのではなく優しいところから少しずつのが良いですよという事です。

意識性の原則は自覚性の原則とも呼ばれ、トレーニングしている時にそのトレーニングがどんな効果があるのかを意識しているかしてないかで現れる効果が違いますよという事です。

反復性の原則はトレーニング効果は1回で現れるのではなく、何回も反復する事で現れるというもの。個別性の原則はトレーニングは個人に合わせて行うことが良くて、みんなと同じでは効果があまり期待できないというものです。

このようにトレーニングには原則があり、それに従って行う事で効果が大きく得られるのです。言われてみるとシンプルな事ですが、意識できているかが重要なポイントなんです。今日はこの原則の中でも特に大事な全面性の原則をピックアップして為になる情報をお届けします。

全面性の原則で気をつける事

全面性の原則という名の通りトレーニングは全体的なバランスを考えた方が上手くいきます。例えばお尻をキュッと引き締めてヒップアップしたい場合、お尻の筋トレだけやっていては効率が悪いですよという事です。

その人に合わせてお尻の筋トレだけでなく背中の筋トレも必要だったり肩甲骨周辺のトレーニングも必要な事があります。また、トレーニングだけじゃなくストレッチやマッサージなどもヒップアップのために必要になる事もあります。

このように全体的なバランスを考えてトレーニングをする事で目標を達成できるようになる事を、全面性の原則として覚えておくと良いでしょう!

美尻トレーニングでの注意点

最近美尻になりたい人が増えていて、そのためのトレーニングもSNSで紹介されている事が多いです。ヒップスラストというトレーニングだったりスクワットだったり、美尻のためには美尻の筋トレだけをやる人も多いです。

ここまで読んでいるあなたなら分かると思いますが、美尻のためには美尻のトレーニングだけでは効率が悪いので、そこには注意したいですね。そうでないとのやり過ぎになってしまいせっかくの筋トレが逆効果になってしまう事もあります。それに腰痛や股関節の痛みなどが出てきてしまう事もあるので要注意ですね。

お腹やせトレーニングでの注意点

お腹やせトレーニングも基本的に同じです。お腹ばかり鍛えていても効率が悪くなってしまう事がほとんどです。ですのでその人の体型や姿勢、動きの癖などを考えてお腹もお腹以外もトレーニングした方がお腹やせに効果的です。バリエーションあるメニューなら飽きがなく楽しくトレーニングできます。

多くの方が近道をしたくてお腹やせのために腹筋だけをします。遠回りになると思いますが、腹筋以外のトレーニングもした方がお腹やせの効果が高いのでそちらをお勧めします。もしくは腹筋をしない方がお腹やせになる事もありますのでよく考えた方が良いですね。

やせるトレーニングの原則活用法

やせ効果はメニューで決まります。そのメニューに大切なのが「きちんと原則を踏まえているか」というポイントです。今回紹介している全面性の原則は特に大事ですので、意識をしてメニューを組み立てましょう!

ただ、この辺りは一般の方だと中々難しいところがあるので、原則を活用してきちんと効果を出したければトレーナーにメニューを組み立ててもらいましょう。たまにトレーナーでも意識していない人もいるので、メニュー作りの時に「トレーニングの原則の事なんですが…」と話をするときちんと意識してくれると思います。

もし、個人でメニューを組みたい場合はこちらの記事に詳しくまとめてありますので、あわせて読むことをお勧めします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今日はトレーニングの原則について話を進めてきました。最後にもう一度振り返ってみましょう。

1.トレーニングには原則があってその原則を踏まえるか、踏まえないかで大きく効果が違う
2.部分的なトレーニングではなく全体のバランスを考える全面性の原則を意識するとダイエット効果が高い
3.原則を意識してトレーニングメニューを組むと良いが、難しい場合はプロに頼むと良い

今日の内容は以上です。最後まで読んでいただきありがとうございます。あなたのお役に立てれば嬉しいです。